海外で高速インターネット! 格安海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1556
  • 公開日時 : 2019/10/12 13:19
  • 更新日時 : 2020/02/25 19:02
  • 印刷

THETA Sをレンタルした時に注意することはありますか?

回答

Image下記内容、参考にご覧ください。

【出国まで】
・自撮り棒や三脚などの撮影補助棒各種を使う事もでき、シャッターは本体ではなくアプリで押すことができます。撮影補助棒などは日本から持って行くと便利です。(撮影補助棒などが使用禁止の場所もございます。撮影をされる場所のマナーやルールは、必ずお守りください。)
・アプリは、日本でダウンロードをしていくことをおすすめします。WiFiの通信量を使ってしまい、通信制限になるおそれがあります。
・画像のデータ量は普通の写真撮影で1枚約2MB~。動画は更に使用します。(目安程度にお考えください。)


【ご利用中】
・レンズ部分が出っ張っているので、傷をつけないようご注意ください。使用後はカバーにすぐ戻すことをおすすめします。(レンズ傷は修理対象となります。⇒16,500円(課税対象外)
・防水ではありませんので、ご利用時はご注意ください。万が一の時のために、安心補償パックの加入をおすすめいたします。


【ご返却時】
・返却時にTHETA S内のデータを削除を忘れずに行ってください。
・ストラップやケースなど、返却時に欠品がないかご注意ください。
・紛失や盗難、水没などにご注意ください。弁済金40,000円が発生します。レンズ傷も修理対象となり16,500円(課税対象外)がかかります。

この内容はお役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください いただいたご意見はサービス改善の参考とさせていただきます。